活性酸素の種類にほぼ対応のフラーレン化粧品最強!男の肌にも効果大!肌を老化させる最大の敵は「活性酸素」です。この活性酸素さえ効率的に身体から除去することができれば肌の老化を食い止めることが出来ます。

この活性酸素には種類があるのをご存知でしょうか?そしてその種類ごとに効果がある抗酸化物質が異なるのです。今日は活性酸素の種類を知って、どの活性酸素にはどの抗酸化物質が効果があるのか見てみましょう。

活性酸素と抗酸化物質

人間は酸素を吸うとその2%が活性酸素になると言われています。また紫外線やストレス、たばこを吸うと活性酸素が大量に発生することもわかっています。活性酸素が発生するため紫外線やストレスは美肌の大敵と言われているのです。

しかし呼吸を止めることは出来ませんし、紫外線やストレスは簡単には取り除けません。日焼け止めを塗っても紫外線は肌に侵入しますし、仕事や勉強によるストレスも簡単には取り除けないのをあなた自身がよくご存じでしょう。そこで重要なのが「抗酸化物質」です。抗酸化物質は発生した活性酸素に対抗する物質で、活性酸素を肌から取り除いたり、作られないように予防したりする物質なのです。

実は活性酸素にはいくつかの種類があります。またその種類に応じて有効な抗酸化物質も異なります。ではまず主な4種類の活性酸素を見てみましょう。

主な4種類の活性酸素

活性酸素にはいくつか種類がありますが、主に以下の4つの種類があります。一番の美肌の敵は毒性の強い「ヒドロキシラジカル」ですが、これは「スーパーオキシドアニオン」と「過酸化水素」が変化して発生します。

TYPE1
スーパーオキシドアニオン

人体の中に最も発生する活性酸素ですが、他の活性酸素よりは安定し反応しにくい活性酸素です。しかし一部が毒性が高いヒドロキシラジカルに変化することがあります。

TYPE2
過酸化水素

安定しており酸化力は低いが、スーパーオキシドや金属元素と反応すると、毒性の高いヒドロキシラジカルが生まれます。

TYPE3
ヒドロキシラジカル

活性酸素の中で最も反応が強く酸化力が強い活性酸素のため、老化を最も促進させる活性酸素です。毒性が最も強く老化の直接的な原因となっています。もともと存在するわけではなく、スーパーオキシドアニオンと過酸化水素が変化し発生します。

TYPE4
一重項酸素

毒性が強く老化を引き起こしますが、体内でこの活性酸素がどのくらい生成されて、どれくらい老化させるのかについてははっきりとした研究結果がありません。

活性酸素の種類と効果的な抗酸化物質の対応表

活性酸素の除去に効果があると言われる抗酸化物質にはビタミンC、ビタミンE、フラーレン、アスタキサンチンなどがあります。これら抗酸化物質が対抗できる活性酸素の種類は以下の表の通りです。

   活性酸素の種類
スーパーオキシドアニオン 過酸化水素 ヒドロキシラジカル 一重項酸素
ビタミンC ×
ビタミンE × ×
フラーレン ×
アスタキサンチン × ×
プラセンタ ×

表から分かる通り「フラーレン」は抗酸化物質の中でも優秀な成分であることが分かるでしょう。しかし一重項酸素に関しては強い抗酸化作用が確認されていません。そのため、足りない部分を補うためにビタミンCやアスタキサンチンなどが一緒に配合された化粧品が効果的です。特に“ビタミンC誘導体”はフラーレンとの相性がいいと言われています。

DOCTOR
 活性酸素中でも老化を最も引き起こす毒性の強い「ヒドロキシラジカル」には、「フラーレン」が最も強力に対抗する抗酸化物質です。さらにフラーレンはヒドロキシラジカルへ変化する「スーパーオキシドアニオン」と「過酸化水素」にも高い抗酸化作用があります。 

フラーレンなら活性酸素の「予防」にも「除去」にも効果大

説明してきたようにフラーレンは、毒性の強い活性酸素「ヒドロキシラジカル」に効果があるだけでなく、この「ヒドロキシラジカル」を生み出す「スーパーオキシドアニオン」と「過酸化水素」にも効果が高い抗酸化物質です。このことから活性酸素「ヒドロキシラジカル」の発生を阻止する「予防」のためにも、また今ある活性酸素「ヒドロキシラジカル」の「除去」にも非常に効果が高いことがわかります。

アンチエイジングや肌トラブル回避のためにフラーレンが配合された化粧品をスキンケアに取り入れましょう。

DOCTOR
ではフラーレン配合の化粧品を選ぶ際のポイントを確認しましょう。
POINT1フラーレン配合化粧品を選ぶ時のポイント
フラーレン1%濃度以上配合がわかる 「L.F.マーク」と「R.F.マーク」の表示

フラーレン配合の化粧品を購入するときにチェックしてもらいたいのが図の「L.F.マーク」と「R.F.マーク」です。

フラーレン配合化粧品R.Sマーク L.Fマーク

「L.F.マーク」はリポフラーレンマークの略で“油溶性”のフラーレンが1%以上配合されていることの証明です。また「R.F.マーク」はラジカルスポンジマークの略で“水溶性”のフラーレンが1%以上配合されていることを証明しています。これらのマークはフラーレンの研究を行っている「ビタミンC60バイオリサーチ株式会社」が検査し承諾を得た際に表示が許可されるマークで、どのフラーレン化粧品でも取得できるわけではありません。フラーレンの効果は一定の濃度が必要であり、このマークが信頼の証になります。

CAUTION2「油溶性フラーレン」と「水溶性フラーレン」どっちがいいの?

フラーレン化粧品を選ぶ際に“油溶性”と“水溶性”どちらがいいのかと質問を受け付けることがあります。実はどちらにもメリットとデメリットがあり一概にどちらがいいとは言えません。認証のマークがついている方が信頼度が高いという目安程度に考えておく方がいいでしょう。

POINT2フラーレン配合化粧品を選ぶ時のポイント
相性の良いビタミンC誘導体(APPSなど)も配合されている

ビタミンCそのものは皮ふに直接塗っても、ほとんど肌への浸透は見込めません。それを解決したのがビタミンC誘導体であり、肌への抗酸化作用の他美白効果、シワやたるみ改善に効果のある万能成分として知られています。

しかしこのビタミンC誘導体も肌に塗った瞬間から肌に浸透するまで数%は酸化し十分な効果を発揮できません。肌の中には既に活性酸素が存在し、それがビタミンC誘導体と反応して酸化させるのです。そのため肌はビタミンC誘導体の効果を100%享受できていないのです。

そこでビタミンC誘導体とフラーレンを一緒に配合すると、ビタミンC誘導体に近づいてきた肌内の活性酸素をフラーレンが吸収しビタミンC誘導体を守る働きをするのです。フラーレンとビタミンC誘導体の相乗効果により強力な抗酸化作用を発揮し、肌の老化やダメージを防いでくれるのです。

POINT3フラーレン配合化粧品を選ぶ時のポイント
肌の相性確認と継続しやすい価格帯

どんなに効果の高い成分でも、肌がかゆくなったりヒリヒリしたりするようでは本末転倒です。トライアルがあるならばそれから購入して肌との相性を確認しましょう。同じフラーレン成分でも会社によって合う合わないはあります。1社のフラーレン配合の化粧品が合わなかったからといって、フラーレンを諦めないでください。

また継続しやすい価格帯であることも重要です。一般的にフラーレン配合の化粧水であれば180ml前後で8000円くらいが相場になっています。決して安いアイテムではないため失敗しないためにもこれらのポイントを参考にフラーレン化粧品をスキンケアに取り入れてみましょう。

DOCTOR
 「抗酸化物質の配合量」「効能」「販売元の実績」「価格」をもとに減点方式で採点しています。また効能が同等で価格が高い場合はマイナス評価としています。肌が改善するには長く続けることが大切なためコストパフォーマンスを重視します。 
王冠フラーレン配合
候補となる化粧品
点数商品名価格内容注目成分
97点フラセラプレミアムトライアルセットフラセラプレミアムトライアルセット
(Dr.わかば株式会社)
1,944円
(税込)
トライアル
・ローション8ml(*1/2/3)
・セラム5ml(*1/2/3/4/5/6)
・ゲルクリーム5g(*1/2/7)
・クリアソープ10g(*8)
・クレンジングジェル15ml(*1/2)
・アイクリーム1.7g(*2/3/4/5)
・UVモイスチャーミルク3ml(*2/7)
*1:APPS配合*2:フラーレン配合
*3:アルブチン配合*4:トラネキサム酸配合
*5:エラグ酸配合*6:プラセンタ配合
*7:アスタキサンチン配合*8:AHA配合
<抗酸化物質>
・フラーレン
・ビタミンC誘導体(APPS)
・アスタキサンチン
<その他注目成分>
・AHA(ピーリング効果)
・アルブチン(美白効果)
・トラネキサム酸(美白効果)
・エラグ酸(美白効果)
・プラセンタ(美白効果)
95点リニュアルフラーレン美容液ラジカルスポンジマークAPPS+E(TPNa)フラーレン美容液50mlリニュアルフラーレン美容液
ラジカルスポンジマーク*
APPS+E(TPNa)フラーレン美容液
(BEAUTY MALL)
8,640円
(税込)
本製品
・美容液50ml
<抗酸化物質>
・フラーレン
・ビタミンC誘導体(APPS)
・ビタミンE誘導体(TPNa)
94点FTC パーフェクト トリートメント ミストエッセンスRSFTCパーフェクトトリートメント
ミストエッセンスRS
(株式会社FELICETOWAKO)
8,100円
(税込)
本製品
・化粧水120ml
<抗酸化物質>
・フラーレン
・ビタミンC誘導体(APPS)
DOCTOR
 上記の3アイテムは全てR.S.マークを取得したフラーレン認定化粧品で水溶性フラーレンが既定値以上配合された商品です。 
  • フラセラプレミアムトライアルセット

フラセラプレミアムトライアルセット

効能・成分の配合バランスでトップクラスのフラーレンアイテムです。注目は抗酸化物質のバランスです。フラーレンはもちろん既定値以上の配合がされています。またフラーレンではカバーできない活性酸素「一重項酸素」に対応するため、アスタキサンチンとビタミンC誘導体でダブルブロックしています。その他注目成分を見るとターンオーバー促進のAHA洗顔料や美白成分が配合されていることから色素沈着のニキビ跡やシミ・くすみなどの改善にも効果的なアイテムです。

「フラセラプレミアム トライアルセット」は公式ページ・Amazon・楽天のどこで購入したほうがお得なのか確認する
DOCTOR
 フラセラの化粧品はこちらの「フラセラってどう?効果なし?口コミ評価・最安値まとめ」でも特集を組んで紹介しています。 

 

  • APPS+E(TPNa)フラーレン美容液

抗酸化物質のみギュッと詰め込んだ美容液です。フラーレンは既定値以上配合されていますし、ビタミンCも浸透力の高いAPPSです。またビタミンEが配合されているため肌の血行促進によるターンオーバーも期待できます。活性酸素で最も毒性の高い「ヒドロキシラジカル」に徹底的に対抗するためのフラーレン美容液でしょう。肌に特に大きな問題は抱えていないがフラーレン化粧品を導入したい男女はこちらが手軽に効果的な抗酸化物質をスキンケアに取り入れられるでしょう。

  • FTCパーフェクトトリートメントミストエッセンスRS

フラーレンは既定値以上配合されており、ビタミンC誘導体のAPPSが配合されています。化粧水120mlで8000円台であることを考えると継続の比較的しやすいアイテムと言えます。抗酸化物質の種類は他と比べ少ないためスコアーは下がりましたが、十分美肌効果は感じられるでしょう。

Author Profile

美肌男教室運営チーム運営メンバー
男の美容に関わる情報をいちはやく取り入れ適切なケア方法や、ケアアイテムを選定しています。2017年度より業務拡大し男女共用アイテムの取扱いも開始し、専門家や研究チームによる検証実験を実行しています。